平安神宮の桜:平成28年4月12日2016/04/16

平安神宮の桜を見ようと出かけました。
満開の時期は過ぎたようでしたが、それでもあちこちきれいな桜を見ることができました。
撮影:平成28年4月12日


               應天門(おうてんもん)

               桓武天皇を祭神とし、平安遷都1100年の明治28年(1895年)を記念し、
               平安京大内裏の正庁を模して造営、
               後に京都に住まわれた最後の天皇である、孝明天皇を祀りました。


               左手奥に神苑入口があります。


               南神苑 (平安の苑) 解説


               桜



               日本最古の電車

               桜
               拝観している方々は、おおむね7割から8割は外国に方々のようです。


               池と桜

               平安の苑の桜たち


               桜  桜 きれいな桜

               枝垂桜というのでしょうか。





               ここには写っていませんが、
               桜を背景に写真を撮っている方々が大勢います。

               あと続きます。 ご覧頂きありがとうございます。
               解説文  平安神宮 リーフレット、
               まっぷる 歩く京都を参考にさせていただきました。


コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
静岡県の特産品を3つあげてください。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://iseyoshitaroh.asablo.jp/blog/2016/04/15/8071848/tb